臨床工学部のご案内

呼吸療法業務

人工呼吸器は高度先進医療において必要不可欠であり、使用頻度も多いことから注目度の高い医療機器です。臨床工学技士は医療機器中央管理室での保守点検業務だけではなく、安全な人工呼吸器管理の提供のため、ICU・病棟における臨床支援業務を行います。呼吸療法業務においては、毎日の病棟ラウンドや人工呼吸器導入から離脱までのサポート(設定や評価)など、Team医療の一員として関わります。施設により、医師・看護師・理学療法士など、他職種協同でRSTとして活動するほか、呼吸療法関連の院内勉強会や、インシデント防止のための広報紙を発行するなど、病院スタッフへの啓蒙活動の取り組みを行っています。

麻酔器始業点検

<図1:設定確認>

自己血回収装置

<図2:救急搬送> 

左)麻酔器・生体情報監視装置 / 右)手術ナビゲーション装置

<図3:院内勉強会>

ページの先頭へ