臨床工学部のご案内

心臓カテーテル業務

心臓の冠状動脈や四肢の血管を造影診断、治療する心臓カテーテル検査では、循環動態の監視(ポリグラフ)や治療機器の準備を行っています。

循環動態が不安定な場合に心臓機能の補助装置(IABP、PCPS)や体外式ペースメーカーを使用するので、これらの生命維持管理装置の操作も行っています。

また、カテーテル検査時には造影検査と併用して各種診断装置(IVUS、OCT、FFR)を用いて、血管治療が標準となっている事から、それらの装置の操作も行っています。

ページの先頭へ