臨床工学部のご案内

高気圧酸素治療業務

高気圧酸素治療(HBO:hyperbaric oxygen therapy)は、2気圧以上の高気圧環境下で1時間以上100%酸素を吸入する治療方法です。難治性潰瘍・末梢循環障害や腸閉塞、潜水病など様々な疾患に治療の適応があります。 高気圧酸素治療装置には第1種装置と第2種装置がありますが、徳洲会グループでは計20施設でHBOを行っています。臨床工学技士は治療中の装置の操作だけではなく、高気圧機械室のエアコンプレッサーなどの保守点検整備のほか、治療予定を組むなど高気圧酸素治療室の運営に対しても中心的な役割を担っています。

麻酔器始業点検

<図1:第1種装置>

自己血回収装置

<図2:第1種装置>

ページの先頭へ