臨床工学部のご案内

集中治療室業務

集中治療室では生命を維持するために循環・呼吸・代謝に係わる様々な医療機器や生体情報をモニタリングする機器等が使用されています。臨床工学技士は医療機器の操作・設定・管理を行いますが、これらの機器は緊急時に使用することも多いため、常に安全に使用できるように日頃の保守管理を行うことも重要な業務となります。

また臨床工学技士は医療機器の管理のみではなく、医師をはじめ、多職種とのコミュニケーションを図り、安全な治療ができるよう、情報共有・自己研鑽を積極的に行いチーム治療へ参画し、医師・看護師などの医療スタッフに対し、機器の操作・設定・管理方法、危険性等の教育や情報提供を行う事も重要な業務となります。

CHDF使用中点検

<図1:CHDF使用中点検>

IABP・CHDF・人工呼吸器

<図2:手前からIABP・CHDF・人工呼吸器>

ページの先頭へ